■Dental-Connectとは

歯科医院と患者さんを「Connect」
歯科医院に役立つ情報を「Connect」
を基本コンセプトに、歯科医院ホームページ制作・運営に関する情報を中心に皆様に「接続」していきます。

■カテゴリー

■リンク
■ブログ内検索

■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ページタイトルは大事
HPの「タイトル」に気を使ってる方は多いと思います。
そう、ウィンドゥの一番上に出てるアレですね。
タイトルの重要性については方々で語り尽くされているので今さら言うことでもありませんが、今回はサイトの「他の」ページのタイトルについてです。

私が所属すると同時にHP管理も行っている「VolksWagen Owner's Club of Niigata」という空冷ワーゲンのクラブがあるのですが、そこのトップページには「アクセスランキング」が設置されています。
つまり、クラブのHPにどこからリンクしてきたのか、その回数をランキングで表示してるんですね。

クラブHPはなぜかやたらYahoo!に強いせいもあってYahoo!検索から来る人も多いのですが、当然お友達やリンクしてくださってるお店、他のクラブからの訪問もあります。
そこで前々から気になっていたことが「リンクページのタイトル」
意外と「Link」とか「リンク」とかってタイトルのページが多いことに気付きます。
(ご覧になるタイミングによっては私が指摘してるようなタイトルのHPは少ない場合もあるかもしれませんが、私は日頃からチェックしてますので)

普通はどこのHPもまずはトップページに入ってそこから他のコンテンツに行くので、タイトルが単に「リンクページ」とかでも「どこの・何の」リンクページなのかはわかりますが、検索結果や先ほどのアクセスランキングなどからページタイトルだけを見た人は「どこの・何の」なのかはまったく判別できませんよね。
少なくともタイトルの頭かお尻にサイト名や何関係のリンクページなのかなど、簡潔にでも入れておくべきでしょう。
そうすることで、ページのタイトルだけ見た場合でもそのページがどんな内容なのか、ある程度は推測できるハズですから。

また、フレームを使っているHPはその傾向が強いようです。
フレームページにはしっかりタイトルを入れていても、フレーム内を構成する各ページファイルには適当なタイトルを付けちゃってるパターン。普通に見れば表示されないのでついやってしまいがちですね。
以前、「フレームページは百害あって一理ナシ?」でもお話しましたが、検索の対象となるのはフレームページではなくフレーム内のページ、リンク元となるのもまた同様です。あ、インラインフレームを使ってる場合も同じですね。

どこから誰が訪れるのかわからないのがインターネット。
表示されようがされまいが、フレームページであろうとなかろうと、HPにとって重要度が低いページだろうが何だろうが、とにかくサイト内に置かれている全てのページには必ずページの内容がわかるタイトルを付けるようにしてください。
最近は少なくなったと思いますが、以前よく見かけた「無題ドキュメント」なんてのは問題外(笑)です。

・・・・・おっと、Yahooで検索かけたら

「無題ドキュメント」約3,350,000件ヒット(汗)


気をつけましょう・・・・・。


クリックお願いします

FC2ブログランキング

人気blogランキング
歯科医院ホームページ制作

歯科医院ホームページ情報 | 22:43:52 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。