■Dental-Connectとは

歯科医院と患者さんを「Connect」
歯科医院に役立つ情報を「Connect」
を基本コンセプトに、歯科医院ホームページ制作・運営に関する情報を中心に皆様に「接続」していきます。

■カテゴリー

■リンク
■ブログ内検索

■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
業者によるスパム行為
先日、検索で辿り着いた某ホームページ制作業者さんのページを見ていたところ、ページの一番下に不自然な空白(余白?)があるのを見つけました。

これはもしや、と思いちょっと調べたところ、巧妙(でもないですが)な隠しテキストが埋め込まれていました。
それもハンパな数じゃありません。
ありとあらゆる業種・職種・サービス・趣味・娯楽、はたまた北海道から沖縄までの市町村名まで、アホらしくて数える気もしませんが100や200じゃきかないくらいの数(1000以上?)なんです。

で、隠しテキストというのは、例えば白い背景に白い文字でキーワードを入れ、画面上では何もないように見せかけて検索には引っかかるようにするスパム行為の一つで、一昔前は(悪意的な)SEO対策としてよく使われていた手段ですが、現在では完全にSEOスパムとみなされますので普通はまず使いません。

ところが、先ほど「巧妙な」と言ったのは使われていたのがただの隠しテキストではなくスタイルシートを使っていた点です。
スタイルシートについては今回は詳しく書きませんが、要はページや文字の色などの装飾的な要素をページ内ではなく別ファイルで指定してるんですね。
そうするとページのhtmlには「文字を白くする」などのタグが含まれないので検索エンジン側はスパムと判断しにくくなるわけです。

で、この業者さんはスタイルシートで文字色を背景と同色に、文字サイズを1ピクセル(笑!)にしてキーワードを死ぬほど詰め込んでいたというわけです。
1ピクセルって・・・・・ねぇ。

しかしこの業者さん、キーワード部分にh1タグも使ってるんですが、残念なことに2回使ってるんですよねー。h1タグはページの最も重要な「見出し」となるタグなんですが、「最も重要な」くらいですから使うのは普通1回だけで(次の見出しはh2、h3・・・となる)、h1を複数使うのは場合によってはスパムになります。
この業者さん、知識あるんでしょうか、ないんでしょうか。

まぁ、それでも検索エンジン側からシカトされてはいないようなので、ある意味すごい(笑)のかもしれませんが、ホームページ制作やSEO対策を請け負う業者が自身のページでスパム行為をするというのはどういったもんなんでしょう。
それだけキーワードを埋め込んでどれだけ制作依頼が来たのかは知りませんが、まさかお客様のページでも平気でスパム行為をしていたなら・・・・・ぞっとしますね。

あ・・・・今、制作実績のページ見たら、普通に隠しテキスト埋め込んでました(爆)

皆さんもお気を付けください。

歯科医院ホームページ情報 | 17:15:47 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。