■Dental-Connectとは

歯科医院と患者さんを「Connect」
歯科医院に役立つ情報を「Connect」
を基本コンセプトに、歯科医院ホームページ制作・運営に関する情報を中心に皆様に「接続」していきます。

■カテゴリー

■リンク
■ブログ内検索

■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
フレームページは百害あって一理ナシ?
皆さんはフレームページというのをご存知でしょうか。
フレームページというのは1つのページを上下や左右に分けて、それぞれメニューとコンテンツを表示させているページのことで、フレームページという名前は知らなくてもどこかで見た経験があると思います。

フレームページというのは非常に便利で、長いコンテンツを下にスクロールしても画面内にいつでもメニューが表示できるのでユーザビリティに優れ、昔からよく使われてきた手法です。

と・こ・ろ・が・!このフレームページというヤツは一見便利なようで実はSEO対策上は非常にマイナスとなります。

その理由は・・・・
フレームページの場合、通常はトップページとなるindex.htmlにはフレームセットに関する記述しかされず、メニューやコンテンツはそこに配置された各ページ(menu.htmlやcontents.htmlなど)に記述されることになります。
つまり、SEO対策上重要となるキーワードはトップページには記述されないということなのですね。
フレームページで制作された経験のある方ならおわかりと思いますが、この場合に検索にヒットするのはトップページではなく、コンテンツだけのページである場合がほとんどです。
そうです。メニューのないコンテンツだけが出ちゃうんですね。
ユーザビリティに優れてるフレームページもメニューがなければ他のページに移動できないんですからユーザビリティは最悪になってしまいます。
コンテンツがSEOに優れたページであればあるほど悪循環なわけです。

多少知識のある人ならアドレスバーのURLをいじって正規のトップページへ移動したりもしますが、普通はそんなことしません。
回避方法としてコンテンツページからトップページへのリンクを貼るというのもありますが、だったらフレームを使わずに最初からメニューを含めたページを作った方が早いです。
また、コンテンツページ以上にトップページにキーワードを埋め込む、という方法もあるかもしれませんが、それもやはり最初からフレームを使わないページにした方が早いですし、場合によってはSEOスパムになりかねません。
結局、フレームページは使わない方がいい、ということなんですね。

もしこれをご覧のあなたのHPがフレームを使っていたなら早急に直されることをお奨めします。
また、これから作る予定の方はフレームを使わないレイアウトで制作することをお奨めします。
現状では禁止ではありませんが非推奨となっていますし、フレームページは将来的には使えなくなるようですので。

もし、HP制作業者で「フレームで作りましょう」なんて言うのがいたら、その業者は完全にアホですので、そういう業者には依頼しないことをお奨めします(いないとは思うんですけどねぇ・・・)。


あっ、そうそう、クリスマスセールオークションへの沢山のアクセス・ウォッチリスト登録、ありがとうございます~♪
まだもう少し時間があるので、どんどん入札してくださいね♪
クリスマスセールオークション【クリアーブックシェルフ】

歯科医院ホームページ情報 | 18:31:00 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。