■Dental-Connectとは

歯科医院と患者さんを「Connect」
歯科医院に役立つ情報を「Connect」
を基本コンセプトに、歯科医院ホームページ制作・運営に関する情報を中心に皆様に「接続」していきます。

■カテゴリー

■リンク
■ブログ内検索

■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
適正価格?
先日、たまたま知り合った方からホームページ制作について相談を受けました。

歯医者さんではなく他の業種ですが、今はホームページもブログもない状態で、お客さんから「ホームページくらい作った方がいい」と散々言われているが廻りにそっち系に詳しい人もいないので、どうしていいのかまったくわからないとのこと。

単に「あった方がいい」という考えで作っても有効に活用できるものでもありませんから、その方の業務内容やお客さんの層などをお聞きした上でアドバイスさせていただきました。

で、諸々含めてできればお願いしたいということになったのですが、最後に言われたのが「費用をもう少しなんとかならないですか?」ということ。

そう言うのもわからない話ではありません。D-Styleのホームページ制作費用は比較的リーズナブルな方だと思ってはいますが、何がどうなるのかさっぱりわからないものに十ウン万も出すのに抵抗を感じるのは当然でしょう。その方だけでなく、多くのお客様が最初はそうおっしゃいます。
その一方で、結果的にまったく効果の出せなかったモノに簡単にウン百万も出す方も多くいらっしゃるのですから、私からしたらそっちの方がもっとわからないですけどね(笑)

しかし、内容と値段は必ずしも比例しません。
歯医者さんでもそうですよね。高額なインプラントが本当に素晴らしい内容であるか否かは費用だけではわかりません。服だって、食べ物だって、クルマだって、みんなそうです。

その方は技術系のお仕事をされています。モノを売ってナンボではなく、自分の技術への対価としてナンボの商売です。その方だって自分の技術料をまけてくれと言われたらきっと困るでしょう。自分の技術に自信と誇りを持っているなら尚更です。気の短い人なら「だったらヨソに行きやがれっ!」となるかもしれません。

私は「ヨソに行きやがれっ!」とは言いませんが(笑)、制作側の立場で言わせてもらえば「価格より内容を見てください」ということです。

その方もそれを理解していただけると良いのですが。

テーマ:webサイト作成 - ジャンル:コンピュータ

歯科医院ホームページ情報 | 17:45:52 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。