■Dental-Connectとは

歯科医院と患者さんを「Connect」
歯科医院に役立つ情報を「Connect」
を基本コンセプトに、歯科医院ホームページ制作・運営に関する情報を中心に皆様に「接続」していきます。

■カテゴリー

■リンク
■ブログ内検索

■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
リスティング広告の負の効果?
オーバーチュアやGoogle AdWordsなどの検索画面でキーワードに合わせたスポンサー広告を出す、いわゆる「リスティング広告」とか「スポンサードサーチ」と呼ばれるものがありますが、私の周りではアレをクリックして実際にサイトを見るという人はあんまりいなくて、私自身もよっぽど興味のあるキャッチでもない限りほとんど見ることはありません。しかしアレに興味を持つ、又は実際に広告を出す歯科医院さんは相変わらず多いようですね。

たまたま訪れたブログで拝見したリスティング広告についての記事ですが、ホームページ制作会社を探していたお客さんがリスティング広告で上位に出している会社を避けていて、その理由が広告にコストをかけている会社はその分を制作費用に上乗せするはずだからいくら取られるかわからなくて怖い、ということが書かれていました。

確かに一理ありますね。

キーワードにもよりますが、メジャーキーワードで上位に出すには1クリック単価はかなり高いだろうというのは容易に想像できます。当然クリックした全ての人と成約することはありませんから、仮にクリック単価¥500で300回のうち1回くらいの成約率だとすれば1件取るのに広告費で15万もかかるわけですから、普通ならその分を見込んだ価格設定にするはずです。30万で済むはずのホームページ制作代が45万、場合によってはそれ以上となるとしたらそのお客さんがリスティング広告を出している会社を避けるというのも納得です。つまり、そのお客さんに対しては広告を出していたのが裏目に出たというわけですね。

私個人の考えでも、リスティング広告を出しているサイトは自力のSEOでは検索上位に出ることができないからこそ広告を出しているわけで、それは歯科医院でも同じことです。

リスティング広告で人気の歯科関連キーワードは「ホワイトニング」「インプラント」「矯正」「口臭」などが考えられますが、もしその高い広告費を治療費に上乗せされているのでは?と患者様に思われてしまったらそれこそ広告を出しているのが逆効果になってしまいます。そこまで力を入れるなら医院サイトとは別に科目専門サイトを作り、より長期に安定して上位表示させた方が費用対効果の面でも良いのではないでしょうか(当然しかるべく対策をするのが前提ですが)。

歯科医院向けの業者さんも同じかもしれません。
試しに「歯科医院経営」で検索すると経営コンサルタントとか税理士・会計士とか経営セミナーとか無料小冊子プレゼント!とか、アヤしそうなのも含めて様々な企業が広告を出しています。実力のほどはわかりませんが、広告出しているところは基本的に高そうなイメージがありますね。もちろん安い方がいいということではありませんが、広告を出していないところがダメということでもないでしょう。本当に良いところは案外水面下に潜んでいたりしますしね。

まぁ、少なくともSEO対策の相談をして「リスティング広告を出しましょう」なんて言ってくるコンサルさんは論外でしょう。


SEO対策に有効なムシバゼロ.jpでのリンク掲載をご希望の方はこちら
クリックお願いします

FC2ブログランキング

人気blogランキング
歯科医院 ホームページ制作 SEO対策

テーマ:インターネットビジネス - ジャンル:ビジネス

歯科医院ホームページ情報 | 19:15:29 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。