■Dental-Connectとは

歯科医院と患者さんを「Connect」
歯科医院に役立つ情報を「Connect」
を基本コンセプトに、歯科医院ホームページ制作・運営に関する情報を中心に皆様に「接続」していきます。

■カテゴリー

■リンク
■ブログ内検索

■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
歯科医院ホームページ7
3回に分けてHPを自分で作る場合と外部に委託する場合の注意点などをお話してきましたが、今回からはドメインとサーバーについてです。

HPをインターネット上に上げるにはまずはドメインとサーバーが必要になります。
ドメインとサーバーについての詳細は検索すれば丁寧に説明してくれるサイトがいっぱいあるのでそちらにお任せするとして、ここでは導入に際する注意点をいくつかご紹介します。

まずドメインについてですが、通常はオリジナルのドメインを取得するケースが多いと思います(D-Styleならd-style.bizのように)。
D-Styleでも基本的にはオリジナルドメイン取得をお奨めはしますが、必ずしもオリジナルじゃなければいけないということではありません。
その理由は、HPへアクセスする場合はアドレスを直接入力するよりも、検索エンジンで検索するかリンクからアクセスする方が多い、からです。

D-Styleのお客様の中にはご利用のプロバイダが提供している無料ディスクスペースでHPを構築している方もいらっしゃいます。
その場合の難点としては「http;//www.プロバイダ名.ne.jp/取得したID/」のようにアドレスが長くなってしまう、ということですが、SEO対策をしっかりやって関係HPからリンクしてもらっていれば、アドレスを直接入力する機会はかなり減ります。
さらに「アドレス教えて」と言われた時にも、長いアドレスを正確に伝えるよりも、「【○○ 歯科】で検索して」と言う方が伝える方も聞く方も非常に簡単です。
これはオリジナルドメインを持っていても同様です。
ご自分が目的のHPを探す時の事を考えればわかりますよね?

そもそも医院HPを作る重要な目的は「新患獲得」なので、医院HPのアドレスを知ってる人の方が少ないハズです。
多くの新患を獲得している医院は、アドレスよりもSEOの方を圧倒的に重視しているのです。

しかし、長いアドレスは例えばパンフレットや名刺・医院看板などにHPアドレスを記載したい時にはちょっと困る場合もありますので、予算が許せばやはりオリジナルドメインの取得をお奨めします。

歯科医院ホームページ情報 | 15:37:18 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。