■Dental-Connectとは

歯科医院と患者さんを「Connect」
歯科医院に役立つ情報を「Connect」
を基本コンセプトに、歯科医院ホームページ制作・運営に関する情報を中心に皆様に「接続」していきます。

■カテゴリー

■リンク
■ブログ内検索

■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
歯科医院ホームページ6
さて、今回は先回の「外部に委託する」で書き足りなかったコトをもう少し。

「デザイナーと直接話せるか」
これは作る立場である私から皆さんに強くお奨めする点です。
先回の「地元か遠地か」と矛盾するようですがそういう意味ではありません。
普通はどこの業者にも営業さんがいて、打合せ等はその営業さんとするケースが多いと思いますが、できれば営業さんを介さずに実際にHPを制作するデザイナーと直接話せるのが望ましい、ということです。

デザインや制作について熟知していてお客さんとデザイナーとの橋渡しが上手くできる営業さんなら問題はないのですが、デザインというのは「○○な感じ」とか「○○風」とか、かなり曖昧な表現が多いので、その曖昧な部分がデザイナーにキチンと「伝わる」と「伝わらない」とではまったく違ったものが出来上がります(デザイナーの意見・提案をお客さんに伝えるのも同様)。
有能な営業さんというのはその辺りの伝達能力がとても優れていて、営業と言うよりプロデューサーに近い仕事をします。そんな有能な営業さんと巡り合えればとてもラッキーですが、むしろそれができない「伝書鳩」(笑)みたいな営業さんの方が圧倒的多数なので、それならば伝書鳩を通さずに直接メールなり電話なりでデザイナーと話した方が絶対にいいものができます。

過去、某社所属のデザイナーだった頃に同様の経験があります。
私はよく「絵が見える・見えない」という表現を使うのですが、ちゃんとお客さんの要望を理解して正しく伝えてくれる営業さんからの話だと「このお客さんはこういう絵(当時はCGの仕事がほとんどでした)を望んでいるんだな」と頭の中に絵が「見えて」くるんですが、伝書鳩からの話だとお客さんが望む絵がまったく「見えない」んですね。
3D CGと聞いていたのが実は2Dイラストだった、なんて最悪のケースもありました。
その時は結局作り直しましたが、もうこれは論外です。
もしこんな伝書鳩営業に当ってしまったら、デザイナーと直接話せるように交渉しましょう。
営業が悪いからデザイナーも悪い、とは限りませんからね。

逆にデザイナーと直接話ができる場合は、費用面については事前に確認するようにしましょう。
私のように全部自分でやる場合は別として、会社に所属しているデザイナーの多くはお金のことまで関知していませんので、費用内でできると思っていた作業が後になって追加料金として請求書が送られてくる、なんてケースも考えられなくはありません。

また、業者の中に複数のデザイナーがいる場合は、それぞれの過去の作例を比較して自分の好みに合うデザイナーを担当にしてもらえるか聞いてみましょう。
先回の「デザインが好みに合うか」でも書きましたが、同じ会社内でもデザイナーによって「カラー」の違いがありますので。

「HP以外に何ができるのか」
HPを作る場合、普通は今ある医院のロゴマークやイメージカラーなどと統一させるケースが多いと思います。また、HP制作を機会に統一された医院のイメージを作る場合もあると思います。
そんな時、HP制作を依頼した業者が他にどんな事ができるのか知っておくと後々便利です。
HPを作る時に使った元データがあれば、印刷物や装飾品・ノベルティなどを制作する場合も使い回しが効くので、HPとイメージを合わせて制作することができますし、元データがあるのでデザイン費用を抑えられるメリットもあります。
また、歯科医院専門業者なら機材の販売や情報提供などもやっているでしょうし、広告代理店なら他媒体での広告もやってくれるでしょうし、HP制作業者でも実際に「HPのみ」という業者よりは他の業務もやってる業者の方が多いと思いますので、これからHP制作の依頼を考えている業者には他にどんな業務を行っているか聞いてみましょう。
これらはオマケ的要素かもしれませんが、知っておいて損はしないと思います。


さて、「外部に委託する」はとりあえずここまでとします。
私の主観に基づいて書いているので「これが絶対正しい!」というワケではないでしょうが、少しは参考になりましたでしょうか。
今回挙げた2点は普通はあまり重視されない(と言うか知らない)部分なので、これからHP制作を外部に委託しようと思っている方はちょっと気に留めてみてください。
他に質問・疑問等がありましたら答えられる範囲でお答えしようと思いますので、コメントかメールフォームにてお願いします。

※先日の「ブログ限定・歯科伝票10%OFFキャンペーン」は定員数に達したので〆切とさせていただきます。
お申し込み頂いた皆様、ありがとうございました。m(_ _)m

歯科医院ホームページ情報 | 14:03:17 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。