■Dental-Connectとは

歯科医院と患者さんを「Connect」
歯科医院に役立つ情報を「Connect」
を基本コンセプトに、歯科医院ホームページ制作・運営に関する情報を中心に皆様に「接続」していきます。

■カテゴリー

■リンク
■ブログ内検索

■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
適性価格?
先日、HP制作についてのお問い合わせを頂きました。

その時にお聞きした中で、その先生のところにHP制作の話を持ってきた業者さんでは、HP制作費は無料でその代わり管理費として月2万円を頂くんだそうです。
同じような話は「歯科医院ホームページ5」の「価格は適正か」でも書きましたが、どうでしょうこの価格。月2万ということは年間24万、5年で120万、10年で240万です。安いんでしょうか、高いんでしょうか。

安いか高いかの判断基準としてはその月2万で「どこまでやってくれるのか」という点でしょうか。
詳しい内容までは伺っていませんが、もし月に何回更新しても年に何回HPデザインを変えても2万ポッキリなら安いと思いかもしれません。
私が頼みたいくらいです(爆)

しかし、HPの更新頻度・内容というのは医院それぞれで違いますので、サービスの内容や価格などを比較して、ご自分にあったプランを検討してみてください。

S先生、HP制作のご依頼、ありがとうございましたm(_ _)m

スポンサーサイト
歯科医院ホームページ情報 | 18:49:53 | Trackback(0) | Comments(0)
ドメインの種類
これからオリジナルドメインの取得を考えている方は「いったいどんなドメインがいいの?」とお悩みになると思います。

結論から言えば「なんでもいいですよ」なんですが(笑)、それではお話にならないので参考程度にいくつかネタを。

まずドメインの前の方(d-style.bizならd-styleの部分)ですが、ここは短めにシンプルな方がいいでしょう。
以前、HPへのアクセスは検索やリンクからの方が多いと書きましたが、それでも直接アドレスを入力するケースがまったく無いワケではありません。元来日本人は英語が苦手な人が多いと思いますので、できるだけミスタイプしないようなアドレスにしましょう。
しかしシンプルなドメインは歯科に限らず既に取得されちゃってるケースも多いので、数字やハイフンなどを組み合わせてシンプルかつオリジナリティあふれるドメインを考えてみてください。

続いてドメインの後ろの方(d-style.bizなら.bizの部分)ですが、こちらはあらかじめ用意されている中から選ぶ形になります。
一般的によく知られている「.com」や「.jp」などの他にも「.net」「.biz」「.info」など色々なものがあるので、こちらはどれでも好きなものを選んでもらっていいと思いますが、実はドメインは種類によって価格が違うって知ってました?
種類による価格差だけでなく、同じドメインでも業者によっても価格が違ったりしますし、契約できる期間や、契約期間による割引の有無など、比較してみると結構差があるのです。
ホームページ制作業者にドメイン登録も一緒にお願いするとその辺りがうやむやにされて不当に高い費用を請求された、なんてケースもありますので、面倒かもしれませんが自分でやるか、信頼できる業者に相談・依頼することをお奨めします。

ちなみにどうしてウチが「d-style.biz」になったかと言うと、その当時「d-style」で空いていたのが「.biz」だけだったんです。
「d-style」だけはどうしても変えたくなかったのですが、D-Styleって結構あるんですよね・・・・。しかも「.biz」っていまだにマイナーだし(汗)

ドメインはよく考えて決めましょうね。

歯科医院ホームページ情報 | 10:42:54 | Trackback(0) | Comments(0)
キッズクラブ
dc0006

先日、羽尾歯科医院 春日山さんで子供向け虫歯予防プログラムを始めるということで、会員カードを作りました
画像では質感までは伝わらないとは思いますが、しっかりとした紙の厚みと表面の光沢がなかなかいい感じです。ネタバレするので絵は出せませんが、中はしりとり形式のスタンプカードになっていて、小さい子供には喜ばれるのではないかと思います。

キッズクラブは以前にも新栄町歯科医院さんでもカードを作ったのですが、そちらは2ヶ月もしないうちに入会人数が100人を突破して、今ではもう最初に印刷した分がなくなりそうな勢いです。新栄町歯科医院さんの近所には他にも何件もの医院があるのに、胎内市はそんなに子供が多いんでしょうか?(笑) 地域条件を考えると恐ろしいペースです。

カード制作はそれほどコストのかかるものではありませんし、割引やプレゼント等の会員向け特典を考慮しても、それ以上の効果が得られるのは明白です。これからは更に少子化が進んで子供の獲得は激しさを増していくと予想されますので、まだ対策されていない医院さんは早めに何かしらの策を考えられてはいかがでしょうか。

歯科医院向け情報 | 23:17:22 | Trackback(0) | Comments(0)
歯科医院ホームページ8
先回は必ずしもオリジナルドメインが必要というワケではないとお話しました。
しかし、まずは無料ディスクスペースを利用してHPを立ち上げ、いずれはオリジナルドメインHPに移行したい、とお考えなら迷わず最初からドメインを取得することをお奨めします。

その理由はSEO(検索エンジン最適化)です。

HPは立ち上げた当初から検索エンジンに引っかかるワケではありません。
YahooもGoogleも日々各HPを巡回して、その内容を把握した上で検索結果の順位を決めていますので、検索結果に自分のHPが反映されるには多少の時間がかかります。
更に検索順位の上位に来るためには様々な要因が絡み、1ページ目に表示されるまでにはもっと時間が必要となります(HPの構成や検索ワードなどにもよりますが)。

検索の上位に来る条件にドメインがオリジナルか否かというのは関係ありませんが、Yahoo・Googleのランクはドメインごとに評価されますので、途中でドメインを変更するというのは、せっかく上がった検索順位やランクを放棄することとなり、非常にマイナスなのです。

また、SEOでは被リンク(どれだけ外部からリンクをもらっているか)も重要な点ですが、ドメイン取得でHPアドレスが変わると当然リンク元にもアドレス変更をお願いしなければなりませんので、リンク協力者にも迷惑をかけてしまいます(管理を外部に委託してる場合は尚のこと)。
皆さんも経験あると思いますが、住所や携帯電話番号やメールアドレスが変わった場合に回りにそれを知らせる作業って思いのほか面倒ですよね?
場合によっては印刷物や広告類も変更しなければいけませんので、できるだけ途中でドメインを変更することの無いように、立ち上げ当初から長期的なプランニングをする事をお奨めします。

現時点でドメイン変更を検討されている方がいらっしゃったら1つ注意点を。
新しいドメインを取得してHPを引っ越しても古いドメインは解約せずに必ず残しておき、先ほども述べた通り、検索結果に反映され更に上位に上がるには時間がかかるので、しばらくの間はトップページにHP移転のお知らせを表示させておいてください。
もし、旧ドメインが高いランクを持っていたなら、強力な「被リンク」となるオマケも付いてきますよ。

歯科医院ホームページ情報 | 22:28:10 | Trackback(0) | Comments(0)
歯科医院ホームページ7
3回に分けてHPを自分で作る場合と外部に委託する場合の注意点などをお話してきましたが、今回からはドメインとサーバーについてです。

HPをインターネット上に上げるにはまずはドメインとサーバーが必要になります。
ドメインとサーバーについての詳細は検索すれば丁寧に説明してくれるサイトがいっぱいあるのでそちらにお任せするとして、ここでは導入に際する注意点をいくつかご紹介します。

まずドメインについてですが、通常はオリジナルのドメインを取得するケースが多いと思います(D-Styleならd-style.bizのように)。
D-Styleでも基本的にはオリジナルドメイン取得をお奨めはしますが、必ずしもオリジナルじゃなければいけないということではありません。
その理由は、HPへアクセスする場合はアドレスを直接入力するよりも、検索エンジンで検索するかリンクからアクセスする方が多い、からです。

D-Styleのお客様の中にはご利用のプロバイダが提供している無料ディスクスペースでHPを構築している方もいらっしゃいます。
その場合の難点としては「http;//www.プロバイダ名.ne.jp/取得したID/」のようにアドレスが長くなってしまう、ということですが、SEO対策をしっかりやって関係HPからリンクしてもらっていれば、アドレスを直接入力する機会はかなり減ります。
さらに「アドレス教えて」と言われた時にも、長いアドレスを正確に伝えるよりも、「【○○ 歯科】で検索して」と言う方が伝える方も聞く方も非常に簡単です。
これはオリジナルドメインを持っていても同様です。
ご自分が目的のHPを探す時の事を考えればわかりますよね?

そもそも医院HPを作る重要な目的は「新患獲得」なので、医院HPのアドレスを知ってる人の方が少ないハズです。
多くの新患を獲得している医院は、アドレスよりもSEOの方を圧倒的に重視しているのです。

しかし、長いアドレスは例えばパンフレットや名刺・医院看板などにHPアドレスを記載したい時にはちょっと困る場合もありますので、予算が許せばやはりオリジナルドメインの取得をお奨めします。

歯科医院ホームページ情報 | 15:37:18 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。